Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/spitzia/www/trekking/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 77

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/spitzia/www/trekking/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 87
国見山(徳島) [なりゆき登山部]

国見山(徳島) 

道の駅ツーリングのついでに、四国百名山の一つ、国見山に登りました。

【ルート】


ツーリングの合間ということもあり、時間も限られていたので、もし登山口に一台も車が停まっていなかったら登るのやめようかな~と思いながら、林道川崎国見山線を一気にバイクで登ります。

10年くらい前までは、祖谷トンネル上のおうどう峠からがオーソドックスなルートだったのですが、今は林道の途中に駐車場ができ、綺麗な登山口になっています。

幸い?、僕の他に2台の車が停車していましたので、登ることに。

天気が微妙だったので、急いで準備して登り始めます。

登山道へのとりつきは、綺麗な階段が付けられているので、まず迷うことはありません。

ちょうど階段を登り切ったところで、外界がよく見えます。

ただ、上の方はガスが出ていて、山頂での展望は期待できないか。

登山道は結構ゴツゴツして、それほど広くはありません。

でも、しばらく進むと、もう少し広い道になりました。

ただ、ルート図を見てもらえるとわかりますが、直登なので結構勾配がある道を登ることになります。

途中、足元を見るとクワガタのメスが居ました(笑)

こんなところにいたら踏んじゃいそう。

広い防火帯を兼ねた道では、徳島縣と書かれた杭が立てられていました。

このあたりは道が広く、歩きやすいです…が、雨でぬかるんでいて靴が重い(^^ゞ

ところどころ、新しい林道を作っているのか、脇道のような箇所がありますが、基本、まっすぐ登ります。

登り切って尾根筋に出たら、あとは楽に歩けます。

山頂直下には、避難小屋がありました。この脇を抜ければすぐに山頂です。

山頂では、予想通り展望が全くありませんでした。

晴れていると、名前の通り遠くまで良く見えるらしいのですが(^^ゞ

方位盤にはイロイロな山名が書かれていますが、残念ながら全く見えず。

山頂には他に家族連れの登山者が居ましたが、よくこんな天気の中で登ろうと…ま、人のことは言えませんが…

長居することもないので、一気に下山しました。

登り始めてから下りるまでにかかった時間は、1時間10分程度でした。


カテゴリ:剣山山系
タグ:
2012.8.16

投稿

Comments links could be nofollow free.