しまなみ海道サイクリング’17春

毎年、秋に行っていたしまなみ海道ですが、なんとなく天気が良さそうな週末だったので、急遽行ってきました。

コースは主に15年に走ったルートにしました。
その時から1年半経ち、だいぶ子どもたちも成長したはず!
ということで、成長を確認する意味合いもあります。

その時と同じように自転車を車に4台載せます。
屋根上に3台

8時半頃にサンライズ糸山に着きましたので、それから準備をして9時頃に出発しました。

まず最初は来島海峡大橋。
来島海峡大橋
天気も良く、風もそんなに無いのですが、海からの風が冷たくて意外と寒い。
冬用ジャージを着ていましたが、子供のペースは15~18km/hくらいなので、そのスピードだと身体も温まらず、寒いのは変わらず…(^^ゞ

徐々に暖かくなってくれることを期待して走ります。
大島外周ルートから
橋を渡ると、大島の西側の外周ルートを走ります。

一般的な国道を走るルートよりアップダウンがなくて走りやすいです。
車も殆ど走りません。
よしうみバラ公園の横を通過して、西側の峠(田浦峠)に差し掛かります。
この峠がこのルートでの一番の山場ですね。
標高は78mと大したことないですが、子供には勾配がきついポイントです。

上の子はもう3年で、24インチのクロスバイク(Giant Liv Alight24)に乗っているので、普通にクリアしていました。下はまだ1年なので、少し背中を押してあげて登りきりました。前回は二人とも歩いて登っていたので、だいぶ成長しましたね(^^ゞ

ぐるっと外周を回ると、伯方・大島大橋に着きます。
伯方・大島大橋
結構な橋の高さがあるのでスロープを登っていく必要がありますが、勾配は大したことないので子供でも楽勝です。

橋を渡りきると道の駅伯方S・Cパークに着きます。
そこでトイレ休憩をしたあと、今度は伯方島の外周ルートを走ります。
前回は道の駅までで折り返したので、ちょっと距離を伸ばします。

伯方島の南側、伯方高校の近くにスーパーがあり、そこに「イマイ流かあちゃん亭」という店があり、パックで色々販売しています。
昼食はそこで焼豚玉子飯というのを食べました。
焼豚が乗ったご飯の上に、目玉焼きが2つ乗ったものです。これがなかなかおいしい。ちょっと量は少ないので、おやつ感覚かもしれませんが…

小腹を満たした後は、そのままぐるっと伯方島を回ってまた伯方S・Cパークへ。
伯方S・Cパーク
ここは休憩スポットとして人が多い場所です。
しばし休み、帰路につきます。
伯方・大島大橋
帰りは大島の真ん中の道を通りましたが、南半分は再度外周ルートへ。
大島は外回りのほうが気持ちよく走れるんですよね^^

サンライズ糸山までの総走行距離は62km強でした。獲得標高は500mほど。
子供の最長距離になりましたが、この感じだと平地なら80kmくらい充分行けそうな気もします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。