しまなみ海道サイクリング’15秋

初めてしまなみ海道へサイクリングしにいきました。
今回は家族で行きましたので、距離は短めです。

レンタサイクルは使わないので、自宅から車に自転車を4台載せます。
僕は今回、Bianchi Frettaで行きましたので、トランクに入れて、その他の3台はルーフキャリアに載せました。

キャリアに自転車3台

妻はロードレーサー、子供2人は20インチのマウンテンバイクです。
車のナンバーが写っていますが、今は乗り換えた車なので消しませんでした(笑)

8時半頃にサンライズ糸山に着きました。
その時には既にサンライズ糸山の前の駐車場は一杯で、道の向かいの高台にある契約駐車場に車を停めて、準備をしました。
軽く準備運動をしてから出発です。

サンライズ糸山を出発すると、すぐに来島海峡大橋があります。
橋に行くためのスロープがありますが、子供でも変速がある自転車なら十分登れると思います。

この橋は結構長いですが、景色もよく気持よく走れます。

橋を渡り終えるとそこは大島。
分岐があり、島の中央部を通る国道ルートと、島の外周を回る外周ルートに分かれます。
今回は人の少ない、外周ルート(西側)を走ることにしました。

しまなみ海道

島の南側は外周ルートでもほぼ平坦で、走りやすい。
よしうみバラ公園付近で一度、国道ルートに近くなります。

楽に走りたい人は、ここで国道ルートに移ったほうがいいでしょうね。
ここからの外周ルートは、かなりアップダウンがあります。また、峠も有りますので健脚向けです(^^ゞ

僕はそれを知らずに外周ルートに行ってしまい、峠では子どもたちを押して登るハメに…

Bianchi Frettaと橋

ぐるっと回ると、次の伯方島に向かう「伯方・大島大橋」が見えてきました。
この時点で20kmほどだったように思います。

橋を渡るとすぐに道の駅「伯方S・Cパーク」があります。
この道の駅に来るのは2回目。以前は道の駅スタンプラリーの際、バイクで来ました(^^ゞ

伯方S・Cパーク

ここで伯方の塩ラーメンを食べました。

伯方の塩ラーメン

下の子供はまだ保育園児(年長)なので、このあたりが限界かな、ということで、この道の駅で折り返します。

伯方・大島大橋を渡りなおして、今度は大島の東に向かいます。
ここには村上水軍博物館がありますので、少し寄ってみました。

村上水軍博物館

入館料は必要ですが、まぁ一度は見ておいてもいいかな、という感じですね。
屋上からの景色も良いです。

村上水軍博物館の屋上

さぁ、あとは帰るだけです。
少し戻り、大島の国道ルートを帰ります。
少々登り坂もありますが、それほどキツくはないです。(ただし、子どもたちにはしんどかったようですが…)

最後、来島海峡大橋をのんびり渡り終えると、すぐにサンライズ糸山に到着です。

合計で、走行距離は50kmを少し超えたくらいでした。
小学生なら十分走れる距離だと思いますが、楽しく走るのはこのくらいまでにしておいたほうがいいと思います。
帰りに少し寄り道をして、鈍川温泉で汗を流しました。

しまなみ海道、また行きたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。