「DIYで木造物置製作13」外壁左官編

前回でラス網貼りが終わったので、その上に外壁を左官作業で塗っていきます。



外壁を左官作業で塗る


使用した外壁材は「センプラム」というもの。ラス網に直接塗れるので、それを選択しました。

購入したセンプラムは一袋30kgのものを10袋。それと吸水調整剤 のNSハイフレックス18kgを1缶。
最終的には少し残りましたが、ほぼ全量を使いました。

一袋をトロ船に入れて、ハイフレックスと水とまぜてひたすら捏ねまくります。

ものすごく疲れます(;´Д`)

んで、それを左官コテで壁に塗っていくわけですが。

これまたものすごく疲れますΣ(´∀`;)

暑い時期に塗ったので、暑いのと、重いのと、しかもすぐに乾いていくのであまり時間を掛けてられないのとで、休憩も取れずに塗りまくります。

壁一面に一回塗りをするのに1日。それ以上は体力的に無理です。

下塗り4面+仕上げ塗り4面の計8面を塗るのに、8日間も掛かりましたorz

ま、ブログで文章に書くのは3分ですがね~(^^ゞ

センプラムの仕上がりは?


仕上げ塗りが終わったのがコチラ。



仕上げは扇仕上げにしました。



前側はこんな感じ。施工した時の写真を無くしてしまったので、実は最近撮った写真です(笑)
なので、扉とかが少し色あせていますね(^^ゞ
でも、外壁の経年変化はあまりありません。



屋根との境目付近。
上を向いての左官作業は疲れます…

最初はなかなか難しいな~と思いながらやってましたが、慣れてくると(素人にしては)それなりに塗れました。



これで、見た目では物置が完成しました^^

ただ、これだけだと夏は蒸し風呂冬は極寒な物置になってしまいますので、断熱材を入れて、内装を仕上げる必要があります。

次回はそのあたりをまとめて書きたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。